ハッピーメールの体験談 女性 18歳 暇を持て余すことの解消を目的として使用した感想

ハッピーメールバナー

ハッピーメールの使用目的

自分の性欲や寂しさを満たしてくれる男性と出会うことや、男性と出会うことで暇を持て余すことの解消を目的としていました。自分にチヤホヤしてくれる男性が欲しかったし、好きな人がいたけれどその人としばらく会えていなくて寂しくなってしまったから。

ハッピーメールの特徴

自分のプロフィールの欄に名前や自己紹介のほか、何を目的としてハッピーメールを利用しているのか、職業のタイプ、見た目の系統、血液型、自分の体形、星座まであらゆることを入力することができること。

上記のような要素を元に男性または女性を検索することができるところ

全国の方たちに向けてメッセージを表示する、掲示板という機能があること

いいね、タイプという相手にいい評価をするようなボタンがあること

お互いにプロフィールを見ると、足あとがついて、見たことがばれるところ

メリット・良い点

プロフィールに細かい要素を入力することができるという機能によって、自分のタイプの人を細かに条件指定して検索することができ、逆に自分が入力しておけば、そのタイプに合っていてかつ自分のことを気になってくれる人を見つけることができます。さらに、いいね、タイプのボタンや、相手のプロフィールを見ることでつく足あとの機能など、相手に対してアピールできるアクションがたくさんあります。さらに全国へ向けて送ることができる掲示板では、不特定多数の人にアピールすることができます。自分が検索で引っかからなかった範囲にも自分のことを気になってくれる素敵な男性が転がっているかもしれないのです。掲示板に「会いたいなあ」などと書き込めば誰かが返信を送ってくれるかもしれません。このように様々なシステムによって男性と女性のマッチング率が高くなっているということです。

デメリット

逆に、いろんな男性と交流することができることがデメリットです。それはなぜかというと、自分の好みでも何でもない男性も自分にたくさんアピールしてくるポイントがたくさんあるわけです。自分の立場からすると正直に言うとありがた迷惑ですよね。それと、いちいち足あとがつくという機能もある意味では面倒くさい機能なのかもしれません。いちちいち気になった人のプロフィールを見るだけで足あとがつきますが、その人のプロフィールを見て何か違うな、と感じるかもしれないのです。でも、足あとをつけられた方は気になってくれたんだとメッセージを送って見たりするわけです。そうなると、気持ちのすれ違いという面倒くさい状況が起きますよね。こういう機能も使い方によっては悪い方向にいったりするのでデメリットになってしまうのではないでしょうか。

相手と会うまでにかかった時間・会えた理由

自分はプロフィール画像をきちんと自分の顔写真にしていたことが一番大きかったと思います。それと、プロフィールを結構細かく書いていたことが一番の勝因となったと思います。それと、しいて言うならば男性と連絡を取る際に、まめに連絡を取っていたことです。それと会うときは勇気だけがいりました。とにかくそれ以外には何もいりません。会ったらそこからは二人の世界ですから。実際に会うまでは大体は数日間くらいしかかかっていません。お互いに逢いたいという気持ちが少しでもあれば、どちらかが押せばすぐ会えるものです。会う前提で話をしてみればすぐ会えたり、行きたい場所、何をしたいかなどを話してみればすぐに会えるはずです。私もそうだったからです。お互いに趣味の話や好きなことを話して盛り上がれば電話をしたり、具体的な話をしてみたりして盛り上がったことが一番の勝因です。

アプリの総合評価

結果的に、メリット・デメリットをまとめてみて、メリットの方が多かったなという印象でした。ですが、恋人探しには向いていないアプリではないかという見解を持っています。今まで会ってきた男性ややり取りをしていた男性は恋人を探すことを目的として使っていた男性は少なかった印象を受けていました。むしろ、性欲を解消する目的で使っている人や、お金と体を引き換えにする中年男性や若い女性が多かった印象でした。実際に言うと、自分は5人の男性とは全員と体の関係を持ちましたが、結果的に自分を大切に思ってくれて、かつ自分を満たしてくれる最高の相手と巡り合えたのでこのアプリを使ってよかったなと思っています。最初がどんな出会いでも最後が肝心なのだということもわかりました。とにかく一つ、男性と出会うチャンスの一つとして考えるレベルにはなるアプリだと思います。

ハッピーメールバナー 

ハッピーメールバナー