Pairsの体験談 女性 24歳 人気マッチングアプリで気の合う人を探してみた

Pairsの使用目的

大学卒業前に彼氏と別れて、それ以来、仕事に追われてお付き合いもしないままに過ごしていました。職場が女性中心で、男性スタッフも既婚者のみだったので出会いもなく、そもそも職場恋愛は避けたかったのもあって、相手が見つからなかったのです。そんなときFacebookでペアーズの記事をみて、とりあえず、気の合う人から見つかればと思い、登録しました。

メリット・良い点

まずは、スマホで手軽にやり取りできるところがいいと思います。仕事が終わってからや休日に婚活しようにも難しい部分が多いですし、お付き合いまではイメージできても、婚活まではいかないという恋活レベルだと下手にパーティーにいっても押しの強さに負けそうですし。自分の無理のない範囲で気軽にメッセージから始められるのはいいと思います。それに加えて、Facebookアカウントが保証になるので、実在してることも確かです。プロフィールだけを頼りにするのではなくて、趣味サークルを利用して、共通の話題のある人を探して繋がることもできるので、たくさんの人を見て、メッセージのやり取りをしたい人を見つければ、ストレスも少なくて済みます。女性だと、あえて、男性からのアプローチを待ってみても良いでしょう。こちらに興味を持っているとわかる相手とのやり取りだと分かっていると対応も変わりますし、心構えにもなります。

デメリット

ユーザー数が多い分、始めた当初ならまだしも、徐々に時間が経つにつれて「いいね!」が減ってきます。お相手を探すときのスレッドが後ろの上にいくためだと思いますが、何もせずに待ってるだけでは、割とすぐに限界がくるのです。なので、自分でプロフィールを充実させたり、サークルに入ったり、自分からいいね!したりといったモーションはしなくてはいけません。アプローチはちょっとというひとにとっては少しハードルがあるかもしれません。また、ペアーズをスマホで利用しているかPCで利用しているかにもよりますが、スマホだと、少し見にくさがあるかもしれません。PCメインで使っている人が感じやすいかもしれません。お相手探すなら、PCの方が画面が大きい分、より見やすいかと思います。どちらにせよ、自分で工夫することで悪い点とまではいかず、どうにでもできる部分ですので、上手に使ってください。

相手と会うまでにかかった時間・会えた理由

相手とリアルで会う前に1ヶ月ほどメッセージのやり取りはしました。単純に互いの仕事の合間でのやり取りでそこそこ会話するのにそれだけの時間がかかったのです。この期間は、人それぞれといいますか方針によると思います。メッセージをある程度交わしたい人は時間かけるでしょうし、会って考えるという人もいると思いますので。お相手のポリシーによって前後する部分でしょう。リアルで会おうと思える相手を見つけるコツは、自分のプロフィールの充実とメッセージのやり取りかと思います。プロフィールを見て「いいね!」をし合うところがあるので、そこにある程度は自分の印象付けができる材料を盛り込むことで、そもそもいいね!をくれるお相手の選別ができます。趣味が合うとかここに共感できたとかきっかけになるようなセンテンスがあるとよりいいと思います。あとは、メッセージのやり取りの中で、相手の人柄を探りつつ、実際に会いたいかを考えるので、取り繕い過ぎない方がいいと思います。そういう部分での必勝法は、自分がどんな人間かさりげなく出していくこと。それが伝わる手段をきちんと使うことだと思います。

アプリの総合評価

婚活にせよ恋活にせよ、ペアーズはオススメできるものです。利用者が多いこともですが、Facebookの裏付けがある分、少しの安心材料にはなります。また、利用者の多さは、それだけの母数があるということでもあるので、メッセージのやり取りをしたい人が必ず何人かは探し出せます。プロフィールもありますので、本当かうそかはともかく、お相手探しの熱意を図ることもできるので、自分と同じくらいの熱意の人かを見極めてやり取りすれば、すれ違いも少なくて済むでしょう。勝手な印象ですが、他の婚活アプリに比べてみると、恋活レベルでやっている人も多いので、結婚を必ずしも考えてないと利用できないわけではありません。そこは自分のペースで考えていけば良いと思います。また、イベントのときには、特別ピックアップやメッセージフリーなどもあるので、積極的にいけない人でも逆にアプローチしてもらう機会もあります。自然に過ごしているだけでは出会えない人と出会うことができますので、利用する価値十分にあると思いますよ。